アレグラを販売している個人輸入代行サイトをご紹介

アレグラを個人輸入代行サイトで購入する場合には、ジェネリック医薬品を購入することになりますが、アレルギー剤に関しては医療機関で購入すると保険が適用されるので比較的安く手に入れることができますが、症状がないと処方されることができないので、自由診療となります。アレグラを花粉症予防として使用する場合には個人輸入代行サイトで購入することになりますがジェネリック医薬品は有効成分は全く同じにもかかわらず価格が安いので、多くの人がこれらのサイトを利用して薬を手に入れています。アレグラに関しては鼻炎用スプレーに関してはドラッグストアなどでも購入できますが、内服薬は処方箋が必要なので、医療機関で受け取るか個人輸入をするかのどちらかで手に入れます。アレグラは食物アレルギーによる蕁麻疹に効果的なので、海外旅行などに行く時に持っていると安心して食事をすることができます。東南アジアでは魚などの鮮度が悪い場合もあるので、蕁麻疹が出やすくなっていて、予防的にアレグラを服用してから食事をすると症状を軽減することができます。食物アレルギーは生魚で多く見られる症状で、劣化が早い青魚などはアレルギーを引き起こす物質が増加するので、日本で食べても問題がなくても海外で鮮度が悪い青魚を食べると蕁麻疹や顔のむくみが出る場合があります。食物アレルギーはいつ起きるか予測不可能ですが、医療機関では処方してもらえないので、個人輸入サイトで手に入れるのが一般的で、ジェネリック医薬品の場合は価格が保険適用した薬と変わらないので、金額はほぼ同じです。アレルギー剤は副作用があまりないので、医療機関以外で手に入れても健康被害が起きにくい薬です。

アレグラを服用した際に起こる体内での作用

アレグラは第二世代抗ヒスタミン薬のひとつで、アレルギー性鼻炎、皮膚炎、蕁麻疹の抑制といったものから、それに伴うかゆみの軽減ができると言われる抗アレルギー薬です。アレグラを服用すると、配合されたフェキソフェナジン塩酸塩が体内に吸収され、アレルギー症状を引き起こす原因物質の抑制効果があることから、広い範囲の症状に適応しています。アレルギーの原因となる物質は実に様々で、カビやダニなどのハウスダストから、有名な花粉、食べ物や金属などがあります。それらの原因物質をアレルゲンと呼び、体内に異物として入ることで、身体の免疫系が防御するために反応し、ヒスタミン、ロイコトリエン、トロンボキサン、プロスタグランジンといった、ケミカルメディエーターと呼ばれる化学伝達物質を放出します。これらの化学伝達物質が体内にある受容体に結合して刺激を受けることで、身体が過敏症状を起こしてクシャミやかゆみなどで反応します。フェキソフェナジン塩酸塩は体内に入ると、ヒスタミンが取り付くはずのH1受容体に先回りして結合し、ヒスタミンが取り付く場所をなくします。その結果、受容体が刺激を受けることもなく、アレルギー症状を起こすことがなくなります。また、ヒスタミンなどの化学伝達物質の遊離作用を抑える効果もあるので、放出量を抑えることによって症状を緩和することができます。アレグラは水溶性の薬で、第一世代抗ヒスタミン薬とは違い分子量が500を越える大きな薬となっています。薬効が脳に到達するためには、血液脳関門を通る必要がありますが、500以上の分子量では通ることができないため、第一世代のように中枢神経抑制作用が働かないことで、眠気などの副作用が少ないという特徴があります。

ドライシロップ型のアレグラの特徴について

これまで、サノフィ株式会社の抗アレルギー薬アレグラ(フェキソフェナジン)は、錠剤とOD錠だけでしたが、2015年1月19日に日本で独自に開発されたドライシロップ製剤が発売されました。今までの錠剤やOD錠の場合は、7歳以上でなければ服薬することができませんでしたが、今回発売されたドライシロップ製剤は、月齢6か月からの乳幼児でも使えるようになりました。アレルギーを持つお子さんが増えている中、とても心強い味方となりそうです。また、小さなお子様でも飲みやすいよう、イチゴ味が採用されています。アレグラの効能・効果は、アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症、アトピー性皮膚炎)に伴うそう痒などに効果があります。また、用法・用量は通常▼6か月以上2歳未満の小児には、0.3g▼2歳以上7歳未満 0.6gを1日2回、直前に水に溶かし、服用します。また、7歳以上のお子さんの場合には、これまで通りに錠剤のアレグラも服用できますが、症状や体調によってはドライシロップ剤でも良いかもしれません。▼7歳以上12歳未満の小児は同1回30mg(ドライシロップの場合0.6g)▼12歳以上の小児と成人は同1回60mg(ドライシロップの場合1.2g)を1日2回、直前に水に溶かし、服用します。今回、発売となったドライシロップ製剤は白色の顆粒の分包品のみで、薬価は1g当たり130.90 円となっています。0.3g×100包、0.6g×100包と年齢(月齢)に応じて用量の調節をすることができますので、安心ですね。バラ売りはしていませんので、100包単位からの購入になりますが、1包あたりが少量ですので使いやすいサイズです。若干、お水に溶けにくいという意見もあるようですので、しっかりと溶かしてあげる必要があるかもしれません。それでも、これまで我慢していた痒みを和らげてあげられるのは、とても嬉しいですね。